結納

家族を結ぶ幸せの第一歩

仲人が両家の間を行き来して結納品を届ける正式なものから、両家のみで会食する略式のものまで形はさまざま。結納はおふたりの婚約を公にし、結婚への決意を確かなものとする大切なお祝いの儀式です。

この結婚の序章を、遠石会館では幾久しくと祈りを込めて祝福いたします。また、もっと気軽なものとして、家族や友人に婚約をお披露目する婚約式もおすすめです。

おふたりが、幸せの第一歩を確かに刻んでいただけますように。

結納式の流れ

一、結納式

落ち着いた雰囲気の和室をご用意いたします。しきたりや進行内容など、どうぞお気軽にご相談ください。

二、奉告祭

「奉告祭」とは、神さまに告げる儀式のこと。おふたりのご婚約を神さまにお知らせし、ご両家の末永い幸せをお祈りします。

三、ご会食

季節の前菜やふく刺しなど、地元の食材と調理方法にこだわった日本料理をご用意いたします。

サポート

当日は介添係が付き添い、お引き上げまでお世話をさせていただきます。食物アレルギーをお持ちの方がいらっしゃいましたら、打合せ時にご相談ください。

※ 結納・婚約式のお席は、お好みに合わせて和室・洋室をお選びいただけます。

※ 季節により、お料理の内容や器を変更する場合がございます。また、商品のデザイン・色など、写真と異なる場合がございます。予めご了承ください。

夫婦円満絵馬

儀式殿横に、丸い形の「夫婦円満絵馬」が、数々のご夫婦の手によって奉納されています。社会は家庭の集合体、家庭の中心は夫婦。夫婦円満は良き社会の根本です。晴れて夫婦となった佳き日に、「夫婦としての決意」を絵馬に記してください。
結婚記念日はもとより、神さまに円満を願いたいときにこそ、ぜひ夫婦揃ってお参りし、神さまのお蔭を授かっていただきたいと願います。